Nobby's blog

日本語教師を目指しています。関連することや、旅行、文化などについて書いていきたいと思います。

首都圏情報 ネタドリ 「公園に異変」に思う

こんにちは。

 

NHKの首都圏情報ネタドリで、最近の公園にはやたらと禁止条項が書いてあって、子供たちが自由に野球をしたり、サッカーをしたり出来なくなっている、ということを見て、昔とはずいぶんと違うものだと思いました。

f:id:Nobbyblog:20200201123013p:plain

 

思えば昔は、今から40-50年前のことを言ってますが、そこら中に空き地があって、それことドラえもんで出てくるような土管があったりしました。そういう空き地にも実は所有者はいたのでしょうが、そのころは入っちゃダメとか、厳しく進入禁止の防護柵などは無くて、勝手に出入りできたものです。

 

空き地や、草が生い茂った丘陵などは、それこそ秘密基地であったり、「缶蹴り」やら「泥警」やら、という外での遊びの場でした。いまのようにテレビゲームなど全くなかったのですから、遊びと言えば外で遊ぶことでした。

f:id:Nobbyblog:20200201123156p:plain

 

また、団地に住んでいたときには、その団地の周りのところで「ろくむし」やら、「キャッチボール」やら「三角ベース」やらやったものです。ときどき、アパートの壁面にボールを当てたりしたものですが、不思議と誰にも怒られなかったと思います。

 

今思えば、何がしかの規則はあったのかとも思いますが、何か制限されたり、という記憶もありません。

 

昔は大人も寛容であった、ということなのでしょうか。

 

それが今は、クレーム、クレームでそれを受けた自治体はあれもダメ、これもダメと公園に規制ばかりかけてしまう。これでは何のための公園なのか、という気がします。まあ、昔は大して公園というものが整備されてなくて、そこら中にまだスペースがあった、という自由さがあったのかもしれませんが。

f:id:Nobbyblog:20200201123354p:plain

 

それにしても、高齢者が優先になってしまう公園というのも、なんともなあと思います。日本は生きづらくなっている、というのが頷けますね。公園だけでなく、電車でも駅でもどこでも、規則規則となっていて非常に気づまりだと思います。

 

他の国に行くと、なんだかほっとするというのも不思議です。我々が昔、子供の時どうしていたか、を考えればもっと寛容にしてもいいのではないか、と思います。

 

では、また。