Nobby blog

オンラインで日本語教師をしています。関連することや、旅行、文化などについて書いていきたいと思います。

MENU

ワーケーション 箱根温泉 全室露天風呂付 ススキの原一の湯に行ってきました その1

f:id:Nobbyblog:20210304183856j:plain

ススキの原 一の湯 個室露天風呂

 

しばらく前にテレビでワーケーションプランとして特集していたのをご覧になっていましたか。そうです。あの、箱根ススキの原一の湯に一泊してきました。

 

www.ichinoyu.co.jp

 

おこもり湯治プランとして、おひとり様コースで、一泊4,900円からの素泊まりプランです。休日前や土日は8,800円だったりするのですが、それでも安いです。何たって、個室の露天風呂が付いているのですから。わたしは、金曜日に泊まってきたので、8,800円という設定となっていました。

 

まずは、小田原駅へ向かいました。小田原駅ビルのラスカ小田原の1階に、魚力食堂というお寿司屋があったので、そこでまずは腹ごしらえ。どうです、美味しそうでしょう。美味しかったですよ。かまぼこも付いてきます。

f:id:Nobbyblog:20210304184223j:plain

魚力食堂

お昼を食べた後は、小田原城址公園まで散策の旅に。駅から歩いていくと、このように江戸時代の旅籠のような感じの建物が並んでいました。実際、この中には箱根湯本の天成園の別館が入っているようです。

 

f:id:Nobbyblog:20210304214411j:plain

小田原 城下町の並び

小田原城址公園までは徒歩で10分程度の距離なので、散策にもちょうどよいです。

大きなお濠の橋を渡っていきます。

f:id:Nobbyblog:20210304214549j:plain

 

戦国時代に北条氏が居城にしていて関東地方を守っていたところです。なかなか立派なお城ですね。

 

f:id:Nobbyblog:20210304214717j:plain

小田原城

コロナ禍の中ということで、あいにく天守閣には登ることはできませんでしたが、とても広い公園でよかったです。

 

f:id:Nobbyblog:20210304214922j:plain

石垣

土台の石垣はその当時のものが残っているのでしょうか。見事に大きさが合うように精緻に置かれていて、すごいなあと思います。

 

駅まで戻ると、箱根登山バスの4番乗り場から、桃源台行きのバスに乗ります。

ススキの原の一の湯は、台ヶ岳というバス停のすぐ近くなので、とても便利そうです。

 

では、次回は一の湯について。