Nobby blog

旅行・ランニング、日本語関連、についてのブログ

MENU

タイドラマ Happy birthday 第3話を見た

皆さんこんにちは。

Happy birthdayの第3話だ。

www.bs-asahi.co.jp

ところで、オープニングシーンでは、登場人物が一人ずつ笑顔で登場するのだが、その笑顔がいいなといつも思う。そしてこのオープニングの音楽も良い感じだ。最後に流れるジングルも良い。

 

さて、第3話。かつてのターンナムの部屋で懐かしい物を見ていた姉と弟だが、腕時計のプレゼントを見つける。トンマイはそれをもらうことにする。いままで腕時計など何かを父親から買ってもらったことがないのだ。ちょっと流行遅れの時計だが彼は嬉しそうだ。ところが、その時計をしているのを父親に見咎められ、外すように言われる。いったい何だってチェットさん(父親)はそんなにも時計にこだわったのか。やたらと冷たいのか。なぞである。

 

さて、ここではトンマイとノイナーの関係も描かれる。二人は幼馴染なのだ。幼馴染の関係って微妙だと思う。凄く親しいのだがそれって恋人とも違うのだ。だが、トンマイはどうやら幼馴染のノイナーが好きだと思う。一方のノイナーにはトップという彼氏がいる。幼馴染なだけにその関係が進展しない。

 

トンマイとノイナーは、バンコクに向かいティーのファンミーティングに参加することになった。だが、ティーはと言えば、どうやら毎年ターンナムの命日になると鬱になっているようで、そのために仕事も休みたいと言っている。そうしたところで、ノイナーらに会うのだが、一緒に来ていたターンナム(幽霊)がトンマイの手を握って憑依したことから、ティーはトンマイの姿にターンナムを見てしまいなおさら混乱する。

しかし、未だわらかないのは、どうして彼は17年間も過去を引きずっているのだろうか、ということである。

 

さて、ティーがマネジャーのゴルフさんの家へ行ったところ、たまたまゴルフの母親がこんな手紙が来ていたというのをバラしてしまう。一体だれが、その手紙を送り続けていたのか。

 

まだまだ続く