Nobby blog

旅行・ランニング、日本語関連、についてのブログ

MENU

Netflix(ネットフリックス) おすすめドラマ「ケイブ・レスキュー タイ洞窟決死の救出」が面白い。

 最近ネトフリで、ザ・クラウンを見ているのだけど、ネトフリを開いたら新しい作品?おすすめとかで、「ケイブ・レスキュータイ洞窟決死の救出」が突然出てきた。

https://www.netflix.com/jp/title/81305964

about.netflix.com

これはまだ記憶に新しい、数年前にタイで起きた、サッカー少年らが洞窟に閉じ込められた事件ではないか。と思ったら、まさにそのドラマ化だった。ちょっと気になったので、ザ・クラウンを小休止して見始めたら、これが面白かった。エピソード1から6まであって、かなり見ごたえがあった。

映像が素晴らしい

ドラマはまず少年たちを紹介するところから始まる。いきなりタチレクという地名が出てきたのには驚いた。私が愛読している下川裕治氏のアジア辺境の旅の本に度々登場する、ミャンマー国境の街だ。

ミャンマーから国境を超えて来る少年がいる。またメーサイの町に住む少年もいる。それぞれの少年がどのような家に住んでいるのか母親らとの生活も垣間見えるように描かれ興味深い。ドローンによる空撮で描かれる、タイ北部の風景が美しい。タチレクの国境、そしてメーサイ周辺の街並みがとてもきれいに映されている。

また、さすがNetflixは豪華で、映像の映し方、アングルなど実にこだわっていることがわかる。映画のようなクオリティーである。

 

脚本が良い

前半はタムルアン洞窟へ入った子供たちがはたして無事なのか、見つかるのかという発見までの緊迫した展開に、家族、知事、タイ・シールズ、気象予報士や様々な人がからむ。そして、発見後の後半はいかにして救出するかの緊迫した展開となる。

どのエピソードも目が釘付けなのだが、個人的には、とりわけエピソード5が印象的だった。タイムリミットが迫る中、子どもたちにダイビングさせるのか、それとも空気を送り込んで数ヶ月先まで留めるのか、選択を迫られるという緊迫した中で、親たちの思いが交錯する。ダイビングに賛成する親が出てくる中、かつて娘を亡くした母親はもう死なせることはできない、とほかの人をなじる。タイ政府幹部と知事、ダイブ専門家の意見がぶつかり合う。

 

キサー・ゴータミーの寓話

娘をかつて亡くしたその母親が嘆く中、お坊さんが「キサー・ゴータミーの寓話」の話をする。私も初めて聞いた話なのだが、とても印象に残った。昔、愛児を亡くした母親がその子を何とか生き返らせてほしいと会う人ごとに哀願する。しかし当然どうしようもない。そこへ釈迦がやってきて、いままで死者を出したことがない家のケシの実をもらってくれば、生き返るであろう、と言うのだ。彼女は必死に一軒一軒を回ったが、どの家も父や祖母や子供、叔父叔母などを亡くしていて、死者の出てない家などなかったのである。そこで、ふっと彼女は生きとし生けるものは死を免れることができず、その悲しみを胸に抱いていくしかない、ということを悟るのであった。

 

俳優が素晴らしい

コーチ役には、パパンコーン・ラークチャレアムポート。彼の演技はとても良かった。それなのに、何という悲しいことに彼は今年、睡眠中に突然死してしまっていたのだ。それは最後のクレジットで伝えられる。

チェンライ県の知事役のタネート・ワラークンヌクロは特に素晴らしかったし、気象予報士インターンのヌン、水理学者のケリー、などタイ側の俳優も多数だった。それのみならず、母親たちの演技が、演技とも思えないような自然さなのだ。そのあまり本当なのかと思えてくるのだ。彼らがタイにおいては名のある俳優たちなのかは知らない。しかし、日本のドラマがつい声高だったり、演技が過剰だったりするのを見ていると、微妙な表情による心理描写がとてもうまいと思うのだ。

 

ダイビング専門家など欧米人も活躍をするが、タイ側に寄り添った作りだったと思う。

 

皆さん、これはおすすめです。

ちなみに、以前には映画でもこの題材が取り上げられていたようです。ご興味があれば、こちらもどうぞ。

 

 

では、また。