Nobby blog

旅行・ランニング、日本語関連、についてのブログ

MENU

さいたまの美楽温泉スパハーブスで岩盤浴を体験!

大宮にあるスパハーブスは温泉の入浴では何回か行っているが、岩盤浴となると相当前に一度だけやったことがあるだけだった。今回たまたま割引券があったので、あらためて岩盤浴を試してみた。

f:id:Nobbyblog:20221010142020j:image

spa-herbs.jp

 

 

岩盤浴をやってみた。

f:id:Nobbyblog:20221010142038j:image

岩盤浴エリアでは、勝手がわからなかったので、一番温度の低い41度程度の癒塩(ゆうえん)というところへ入ってみた。12名程度が入れるようになっていた。ここは岩盤ベッドがカーブしているので、腰に負担がかからないように、体がいい具合にリクライニングになる。そのため長い間寝そべっていても快適だった。背中からいい具合に熱される。最初入った時は、体がまだ冷えていたせいで、15分経ってもなかなか温まらなかったが、20分程度で次第に汗が出てきた。

 

一旦クールダウンのために外に出て休憩したあと、今度は43度程度の悠雲(ゆううん)という部屋に入ってみた。ここは岩盤ベッドがフラットになっていたが、頭を置く枕が置かれていた。温度は少し先ほどよりは高い感じで、2回目ということで既に体が温まっていたので、比較的すぐに発汗してきた。良い感じである。なんだか、汗をかくのは良い感じだぞ、と思った。 途中、中央部分からドライアイスのような雲が発生してたなびいてきた。これがナノ水で雲を発生させたものらしい。

 

そして、ふたたびクールダウン後、次に烈紅(れっく)という高温74度の部屋へ突入した。ここはロウリュウを一日何回か行うようだが、階段状のサウナになっている。入った時間にはロウリュウはやっていなかったが、それでもなかなか強烈な熱さである。ちょっと空気を揺らすと熱い熱い。

パンフには、「中央に設置されている「炉」から発生する遠赤外線により、デトックス効果、アンチエイジング効果が期待できます」、とあるがこの部屋に入ると、あっという間に体中がびしょびしょになってきた。強力である。汗なのかなんなのか、腕から顎から、胸から、背中からびしゃびしゃである。いや、汗をかくのはますます良い感じだぞ。

ロウリュウエンターテイメント時には、正面の壁面に設置してある「熱波マシーン」が高速回転し、強烈な熱風を発生させることで、強い発汗を促し、アロマ水の蒸気でリラックス効果も楽しめるイベントも行われます。」とあるが、しかし、熱波マシーンが回転したら、どうなるか恐ろしいような気がした。

 

クールダウンのために、舞氷という、天井から雪?が降ってくる円形のドームがあり、真ん中に巨大かき氷かフラッペの器が置かれて、そこに上から降ってくる雪が積もり積もって円錐形の形となっているのだ。この部屋で熱くなった体をクールダウンすることができる。

なかなか良いのだが、できればこの部屋にもアロマの良い香りが漂うようにしてほしい。

 

設備について

岩盤浴エリアにはラウンジがあって、休憩する椅子がたくさんあるほか、テレビが備わったリクライニングチェアもたくさんあり、休憩する場所には事欠かない。漫画も壁の本棚にびっしりと並んでいるので、一日中ごろごろと過ごすこともできそうだ。

実際リクライニングチェアは快適で、テレビモニターが個々に付いており、耳元で音声が聞こえるようになっているので、周りにうるさくならない。

 

2階の温泉エリアにはカフェがあるので、冷たいものを飲んだり、スイーツを食べたりすることができる。湯上りにはやっぱりコーヒー牛乳を飲んだ。

f:id:Nobbyblog:20221010142208j:image

 

1階にはレストランがあり、ステーキなどいろいろ旨そうなものがありそうだ。

f:id:Nobbyblog:20221010142155j:image

 

1階の風景。

f:id:Nobbyblog:20221010142143j:image

 

出入口玄関。大宮駅からシャトルバスも出ているようだ。

f:id:Nobbyblog:20221010142122j:image

 

なんと、2021年のニフティ温泉ランキングで1位?だと。

f:id:Nobbyblog:20221010143014j:image

 

温泉もよいが、岩盤浴で汗まみれになるのも良い感じだった。また来ようと思う。