Nobby blog

旅行・ランニング・映画・グルメ・フィギュアスケート、ほか日本語関連、についてのブログ

MENU

ナイキ・エア ズーム ペガサス 39 を購入。ペガサス38との違い。

これまで履いていたナイキ・ズームペガサス38がへたってきたので、最新モデルのペガサス39を購入してみた。せいぜい、ハーフマラソンを走るくらいなのだが、そこそこ気に入って履いていたモデルだ。

新しいモデルのこれは鮮明な緑色だ。

f:id:Nobbyblog:20221227210443j:image

 

ペガサス38は最初に履いた時からちょっと、足先がやや丸くて、あまりタイトではないなあ、と思いながら履いていた。また、かなり柔らかい印象で、踵回りもソフトに作られていたのだ。それはそれで履きやすかったのだけれど。

実はその前には、ボメロというやはりナイキのシューズを履いていたのだが、それの方がむしろタイトで、また固い感じだった。

こちらが以前のペガサス38

f:id:Nobbyblog:20221227210514j:image

 

ただ、ペガサス38を履いてハーフマラソンを走って、指先の爪が死んだりしていたので、ちょっと足が中で動くなあという印象もあった。

 

そこで、今回購入したペガサス39だが、足を入れた感じでは私の足には非常にフィットする感じで、前の38よりもフィット感が良い気がする。まだ走っていないので、こればかりは何とも言えないのだが。

下の写真でご覧いただけると思うが、若干最新モデルの方が足先もシャープな印象がある。幅もやや狭い感じがある。そして、踵回りの部分はかなり違っていて、今度のモデルは踵が固い素材となっている。その分しっかりホールドされる感じはあるのだ。

f:id:Nobbyblog:20221227210603j:image

 

踵周りの形状、素材が違う。ペガサス39の方が尖っている。

f:id:Nobbyblog:20221227210623j:image

これがどのような効果・影響を与えるかはまだ分からないが、とりあえず好印象だった。そして、この緑のモデルはEKIDENという特別仕様で、通常のモデルより若干値段が高いようだ。

 

ヒール部分にEKIDENと書かれている。

f:id:Nobbyblog:20221227210727j:image

 

 

この正月はゆっくりとジョギングをしてみたいと思う。

 

先日は少し遠出をして、都立水元公園まで行ったので、その記事はこちらからどうぞ。

www.nobbyblog.com

 

 

ではまた。