Nobby's blog

日本語教師を目指しています。関連することや、旅行、文化などについて書いていきたいと思います。

日本語を教えてみたいと思うきっかけになった本をご紹介

こんにちは。

 

日本語教師をやってみたいなと漠然と考えていたときに、たまたま手に取った本が

荒川洋平先生著『もしも... あなたが外国人に「日本語を教える」としたら』

という本でした。

 

 

日本人として当たり前に日本語を使うことができるということと、

「外国語として」外国人に教えるということが全く違う、ということが

とても良くわかる本でした。

 

まえがきでは、以下のようなことが述べられています。

・今は知識がないが、外国人に日本語を教えることに興味がある。

・「日本語教育」を勉虚子体が、身近にそういう講座がない。

引用:荒川洋平先生著『もしも... あなたが外国人に「日本語を教える」としたら』

 

私にとってよく当てはまるなあと思いました。

 

そして、この本では経験もないのにいきなり日本語を教えることになった、3人の

ケースが具体的に語られます。3人が試行錯誤していくさまが、まるで自分が

シミュレーションしているかのように感じられます。

 

自分だったらどうするだろうと、

リアルに感じられるところ、面白く読めるところがお勧めです。

 

それだけでなく、日本語教育のための重要な知識・用語についても紹介されるので

わかりやすいです。

 

日本語教育では硬い本が多い中、楽しく読むことができます。

 

手始めとしていかがでしょうか。

 

そして、この本には続編もあるのです。それが、こちら。続編では、更に一歩日本語教育へ足を踏み入れた人たちを対象としています。そして、この本では「教材」について多くを語り、また「教授技法」についていろいろなアイデアをもたらしてくれます。

読み物としても面白いところが何よりおすすめです。

 

 

今日は以上です。