Nobby's blog

日本語教師を目指しています。関連することや、旅行、文化などについて書いていきたいと思います。

【おすすめ】常夏グアム フィエスタ・リゾートのオーシャンフロント 

こんにちは


寒い日本を抜け出して、束の間の現実逃避、休息にグアムへ行ってみてはどうでしょうか。
お正月を過ぎると寒さもますます厳しくなってきます。そんなときにこそ暖かいところ、暑いところへ行ってみたくなりませんか。冬の寒さから脱出して、暑さを満喫する贅沢。そこで、今日はグアムが良かった、という話です。

実際、最低気温が0度くらいのところから一気に30度の世界へ行くという、ギャップがおすすめなのです。それもわずかな時間で実現できるのです。

f:id:Nobbyblog:20200112150841j:plain

日本から近い


グアムは飛行機で3時間。新幹線で東京から新大阪へ行くのとそんなに変わりません。
時差もわずか1時間(グアムの方が1時間早い)。飛行機での移動時間が短いので、狭いエコノミー席でも大変ではありません。今回、私は夜21時過ぎのUAで行ったので、到着が現地01時50分というとても遅い時間になりましたが、便を選べばもっと快適に到着できるのではないかと思います。そして空港が街に近いので、現地に到着してからホテルまでの移動も時間がかかりません。

冬に行く場合の冬服をどうするかについて、前回のブログで簡単にまとめました。


海がきれいだった

これまで沖縄の慶良間や、マレーシアのティオマン島レダン島、タイのプーケット、サムイ、などにも行ってきましたが、それらの海と比べても勝るとも劣らず、案外にグアムのタモン・ビーチは透明度が高かったです。泊ったのは後述します、フィエスタ・リゾート・グアム。ここのビーチでもシュノーケリングができます。ただし、ここのビーチ前には岩礁があまりないのですが、左手のマリン・ハウス前の海に、ちょっとした岩を良い具合に組み合わせて、魚が隠れられるようにした場所があるので、そこではいろいろんなお魚が集まってきていています。ほんのすぐのところで、シュノーケリングも楽しめます。
海底にはヒラメみたいな平べったい魚がいましたよ。


f:id:Nobbyblog:20200112151105j:plain

フィエスタ・リゾート・グアムをおすすめする理由


今回泊まったホテルです。

f:id:Nobbyblog:20200112192428j:plain

https://www.fiestaguam.jp/


空港から10数分で到着します。ホテルに送迎予約しておくとドライバーの方が名前を書いたボードを持って到着ゲートで待っていてくれます。到着が深夜でしたが、チェックインはスムーズにできました。空港から向かうととても近いところにあります。

部屋はこんな感じでした。充分な広さがあります。

f:id:Nobbyblog:20200112192528j:plain

そして、何よりもこのオーシャンフロントのビューが最高です。目の前になんの遮るものもなく、コバルトブルーの海が広がっています。なんとなくワイキキのようにも見えてきます。ここがワイキキだったら、とんでもなく高いですよね。

f:id:Nobbyblog:20200112192731j:plain

でも、この感じ、左側を見るとなんとなく半島に突き出ている山がダイヤモンドヘッドに見えてきませんか。

f:id:Nobbyblog:20200112192632j:plain

この景色だけでもこのホテルの価値があります。素晴らしいです。文句ないです。ベランダから海が目の前に広がっているのは素晴らしいです。
立地としては、いちばんにぎやかなところからは、1kmくらい離れているので静かです。買い物に行く場合には、タモン・シャトルなどを利用する必要がありますが、それも数分歩いたところにバス停があるので、時間を気にしなければ容易に行くことができます。

ビーチ、ホテルライフを楽しむにはうってつけだと思います。

朝は早めにホテル前の庭に行って、ビーチタオルをもらい、デッキチェアをビーチが眺められる最前席に設置することをおすすめします。日にもよるでしょうが、10時過ぎに行ったらばもはや移動できるデッキチェアは全て確保されてしまったことがあったので、ちらちら様子をみるのが良いでしょう。

f:id:Nobbyblog:20200112192902j:plain

海はまずまず遠浅で、シュノーケリングもできます。

フィエスタ・リゾートが素晴らしいと思うのは、他にも理由があります。多くのビーチリゾートへ行くためには、主要空港から乗り換えだったり、ホテルから離れていたりします。空港からホテルがすぐで、そこからすぐにきれいな海に飛び込む、ということはなかなかできないのではないか、と思います。
そういった意味でも優れています。

さて、ビーチを左手に歩いていくと、パシフィック・スター・ホテルのビーチ、PICのビーチがあり、さらに歩くとイパオビーチに着きます。そこまでだいたい15分くらいかと思います。イパオまで行かなくても、PICの前のビーチでも少し沖へ行くと、珊瑚礁があって、結構さまざまな魚種を見ることができます。

夜はビーチサイドのステージで、BBQディナーとミクロネシアポリネシアのダンスショーが毎夜開かれています。

近くのカフェ・レストラン


ホテルを出て、徒歩5分くらいのところにコーヒーショップがあるので、朝食やコーヒーが楽しめます。BLTサンドはメニューにありませんでしたが、聞いてみたら頼むことができました。ベーコンがカリカリでおいしかったです。


メスクラドス
f:id:Nobbyblog:20200112193004j:plain

【メスクラドス】グアムにある2つの店舗とおすすめメニューを紹介します | Guam Navi


ハンバーガーの有名店です。テレビの旅猿では、ハガニアにあるレストラン・メスクラの方へ行っていましたが、こちらはその姉妹店。
13半ごろに行きましたが、行列していました。入るとすぐにオーダーの窓口があるので、そこでメニューを言って支払います。そして、となりの窓口から受け取るという流れです。

お店は座席数が少ないので、人数が複数いる場合にはオーダーする人と場所を取る人を分けて、場所確保を進めましょう。

わたしは、ランチウェル・バーガーという定番のバーガーをいただきました。スパイシーと書いてありましたが、そんなにスパイシーには感じませんでした(個人の感想)。なにしろ、肉厚ですごい。でも、なんとか完食できました。

f:id:Nobbyblog:20200113102358j:plain




ビーチン・シュリンプ
f:id:Nobbyblog:20200112193103j:plain

ビーチン・シュリンプ (グアム) 最新のレストランの口コ(2020年) - トリップアドバイザー


名前のとおり、シュリンプのレストラン。混んでいるといけないと思って大分時間をずらして、14時過ぎに行ったら空いていてグッド。
おしゃれなお店の作りで、またウエイトレスの女性がみな愛想よく、かわいい。とってもいい雰囲気です。なんかフーターズみたいな。

そして、今回わたしはシュリンプ・パスタをいただきました。これがおいしかった。立派なエビが5つも入っていて、さらに肉厚のベーコンと、ポルチーニがふんだんに入っている。濃厚なクリームとフィットチーネの相性も抜群。おすすめです。

f:id:Nobbyblog:20200112193228j:plain


有名なレストラン・プロアも歩いていけるようです。
PIC前を通り抜けて、イパオ公園の入り口角にあります。ホテルからだと1.1Kmくらいあるので、歩くと15分くらいはかかるかと思います。炎天下にはちょっとしんどいかもしれません。でも、タモン・シャトルを使うという手もありますね。

さて、良いところばかり上げましたが、最後にネガティブなところも一点だけ、念のため上げておきます。それはやはり物価が高いということです。日本ではいま食べ物は本当に安く食べられるのですが、何を食べても10ドルくらいは簡単にかかってしまうようです。

そうとはいえ、きっとグアムでの滞在は充分に満喫できることだと思います。
おすすめです。


今回は以上です。