Nobby blog

旅行・ランニング、日本語関連、についてのブログ

MENU

2022 山中湖ロードレース 初参加しました。 その2

2日目 大会当日

 

さて、日曜日は朝から快晴で、これは暑くなりそうな気配。27度くらいになるでしょうとの天気予報。

ファミリーロッジ旅籠屋では、簡単な朝食としてクロワッサンなどのパンが数種と、コーヒーやジュースを飲むことができる。コロナ禍のため、ラウンジでは食べることがができなかったので、お盆にのせて自室へ持って帰って食べた。朝は結構冷え込むので、暖かいコーヒーを飲めてよかった。

 

さて、まだ早いとは思いながら、7時半ごろに折り畳み自転車を取り出すと、大会会場へ向かうことにした。はたして無事に自転車を停める場所があるのか心配だったのだ。裏道で大会会場にほど近い駐車場へ行くと、ちょうと、そこに警備係の人がいたので、駐車場の隅に自転車を止めさせてほしい、と言ったところ適当なところを探してくれて無事にそこに置くことができた。よかったよ。これでもう安心だ。

前日に自転車の駐輪はどうすればいいかを大会会場の人に聞いたけれど、あんまりはっきりした回答がなく、駐車場の隅に停めさせてもらえばいいでしょうということだったので、やや不安だったのだ。

 

しかしこれで安心して大会へ臨めるというものだ。そこからは会場まで徒歩5分くらいだったので楽々会場に到着することができた。8時前に着いてしまったので、まださほど混みあってはいなかったので、適当なところで荷物をまとめると、荷物預けにもって行った。

会場のゴール付近

 

しかし、日差しが強烈で、日向にいるとばててしまいそうだったので、なるべく日陰を探して、そこで待機していた。待っているうちに同じような、一人で来ていたおじさんらと話をした。


8時45分、スタートまで30分となるとDJの人のトークが始まって、俄然盛り上がってきた。

山中湖村長を始め、DJの方のトーク、ゲストの谷川真理さんのお話、など3年ぶりに大会を開催できた喜びと、またそれを待ち望んでいたランナーの皆さんの熱い思いを感じた。いや、オープニングセレモニーが良かったね。

 

9時15分に号砲がなりスタート。なにしろ、今回は全く練習不足だったので、完走できればいいねと言う気持ちで、キロ6分30-40秒くらいで最初は入っていった。谷川真理さんも最初は抑え目で行ってください、ということだったので。最初の4キロくらいは何だかちょっと下ったり登ったりとわずかなアップダウンがある感じ。にしても日差しが強烈だったので、なるべく木陰になりそうなコース取りをして行った。


最初は富士山が後ろ側で見えないんだけど、湖畔をだんだんと回っていくと、5-6キロくらいから湖を回りこんでくるので、左側に富士山が見えるようになってきた。この日はまさに快晴で、富士山が良く見えるところでは立ち止まって写真撮影をする人も多数。ほんとだったらじっくりと写真を撮りたいところなのだが、先を急ぐので一瞬止まっては撮影をしてみた。

途中から富士山がきれいに見えてくる


さて、しばらく走っているとだんだんペースが安定してきたので、ちょうど同じようなペースで走っている人のペースに合わせてついていくことにした。そうすると考えることなく結構楽な感じで行けたのでよかった。

 

途中、お店の人が沿道からホースでシャワーにしてくれたりと暑さ対策を自前でしてくれたりとありがたかった。 

快晴の下、富士山がきれいでした。

8kmから約1km上り坂が続くのだが、そこをなんとか乗り切ると一気に下って、あとは平たんなコースが13Kmまで続いた。

 

そして、最後右に曲がってゴールまでの数百mが最後の登りだ。この場面で、DJの方がコース奥から励ましのトークをしてくれていたのだが、そのトークに大いに励まされた。いや、本当に今回DJの方のトークがすばらしかった。また、同じようなペースで引っ張っていただいたランナーの方、ありがとうございました。

お陰でなんとかゴールを切ることができた。

 

最後までありがとうございました。